過去のバシャール名言集

バシャール名言集20190503byクノタチホ

投稿日:

アセンションについて

出典元:https://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12458345567.html

*アセンションとは

私達はもともと高い意識を持っていた存在が、物質界という深い眠りの世界を探求しにやって来ていました。でも、余りにも深い深海に潜り込みすぎて、浮上する事を忘れて今の今まで生きてきたのです。ですからアセンションとは、”もともとあった高い意識”に戻る過程を意味しています。つまり、貴方は仕事で成功するためにやってきたわけでも、素敵な結婚をするためにやってきたわけでも、悪い人をやっつけにやってきたわけでもありません。もともと持っていた”高い意識”を取り戻して、物質界をワクワクで楽しむためにやってきているのです。自分軸で自分の想いに沿って生きる選択をする、そんな独自の世界を作るためにやってきています。

 

*アセンションは誰でもできる

アセンションは決意した人にのみ開かれる道です。違う言い方をすると、アセンションを決意した誰もがアセンションを体験する事になります。でも、アセンションに興味があるけど動かない人、知識だけを頭にいれて満足してしまっている人はアセンションの道を進んでいません。アセンションは本来の貴方に戻る道を行くわけですから、本来の自分に目覚める!と選択しない限り、天からチャンスがやってきて自然にアセンションしていた、という事にはなりません。自分が変わらなければアセンションのダイアルが動く事はないのです。

 

*アセンションは自分軸

他人軸でアセンションはできません。アセンションは自分のハートを元に行動する事を意味していますから、誰かのせいにしたり何かのせいにしていては一向に浮上する事はできません。たとえ他の誰かが貴方の前進を妨げているように見えていたとしても、たとえ貴方が生まれた環境がそれを許さないと感じたとしても、その現実を変える事ができるのは貴方本人だけです。扉を開けて新しい現実を引き寄せる事ができるのは貴方本人だけだという事をしっかり理解してください。

 

*アセンションは決心から

アセンションは自分が『アセンションする!』と本気の決心をした人にのみ開かれる道です。でも、このまま目覚めないで行きたいという選択がダメだと言っているのではありません。それはそれで、貴方はそちらの世界にシフトしてゆくだけです。これがいわゆる分離する地球です。ポジティブ地球行きを選択するのか、またはネガティブ地球行きを選択したいのかです。

 

ポジティブ地球を選択する決意をした人、つまりアセンションを決意した人はこれからもっと覚醒してゆく事になります。周囲に集まる人達も周囲の環境も覚醒モードを体験する事になり、貴方は文字通りマジカルな世界をこれからどんどん体験してゆく事になります。

 

一方ネガティブ地球を選択する決意をした人、つまり眠ったままを選択する人はこれからもっと覚醒から遠のく世界を体験し、これから更に深く眠りにつく事になります。周囲は眠ったままの人達が集り、辛い出来事やストレスを感じる事、困難や問題のオンパレードの人生を体験する事になります。そしてやがて、バシャールや覚醒やアセンションについての情報が絵空事のように感じようになり、終いに貴方は”今までの地球”をもっと深い所へと進んで行く事になります。

 

*the Planet from Nebula からまとめ

最近高次からの存在がアセンションについての誤解や思い違いについて配信するようメッセージがやってきています。ですから、皆さんを脅かそうとする気持ちは全くありません!ただ、今年2019年がアセンションの道を進む人にとって極めて重要な年である事が言われています。勿論、いつだって方向転換してアセンションの道を進む事ができますが、現在の世の中を活用する手は無いと感じます。世界全体がアセンション・モードで満載しているこの時期を活用して優雅に浮上できますから!

 

一方、アセンションの道をまだ先延ばしにしている方は、今後方向転換は並大抵の事ではできなくなる事を認識しておいてください。それはまるで、真っ暗な深海に両手両足を縛られそこから浮上する手立てを自分の力で見つけなくてはならない、そんな感じです。

 

無条件の愛の元に

クノタチホ
高い意識と繋がるというよりは自分の中心と繋がる感覚が大切だよね

ぴろゆきん
神のエネルギーを外に感じても意味ないという事じゃ

世界全体がアセンション・モードで満載しているこの時期を活用して優雅に浮上できます

 

 

-過去のバシャール名言集

Copyright© バシャールまとめ・スピルゲート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.